帳尻小話

大腸ガンと疑った経緯と行動

投稿日:

生命保険に加入すると準備だから病気になるという持論があり

何十年も無保険

テレビでガン保険のCMがやたら目に入り

入って置けと言うメッセージじゃないよね?

いつガンになってもおかしくない年齢だし

そー言えば

いつも7時半にはシッカリしていた物が出ていたのに最近は不定期

緩かったり出にくかったり最近あるある・・あるなぁ・・・

いやっ 大丈夫 保険に入ったらガンになるってことだ・・・・

少し憂鬱な日々を送っていた

ある日

毎朝恒例の排便終わって立ち上がり

トイレの水を流そうと便器を見ると

真っ赤!!

一番乗りで病院で受付

診察室に呼ばれドクターに

今までの排便と最近違ってた事や血便のことを

しっかりと事細かに説明

診療ベッドに横たわりドクターが触診しながら

「排便は毎日あるの?」『はい』

「詰まってはいないね。押して手痛いところある?」

『いいえ』

触診終わり

「じゃー薬出しておくから説明よく聞いてね」

え???

『血液検査とかレントゲンとか何か検査は?』

「心配いらないと思うよ」いらないと思うって・・・・

ドクターは痔の種類の話を始めた

『検査してほしいです。大腸とか胃とか・・・』

「急いですることないよ。検査予約入れても2か月先になるよ?」

手遅れになったらどーすんんおよ・・・・

「とにかく薬出しておくから検査の予約なら受付でしていってね」『はい・・・』

痛くも痒くもないんだから痔の訳ない・・・・

覚悟した。

5日分の痔の薬をもらって帰宅

明日も出血あったら違う病院行こう

翌朝快調 出血なし

あれ?痔だった?

あれ??まさか痔だった?・・・・名医だ

めでたく病気ではなかったので

生命保険を検索しまくり

2社で加入

心配して病気になるくらいなら

安心して病気にならないようにお金を使うべき

と持論が生まれた出来事でした

犬用雑貨情報と幸せになれる考え方を記事にしています。

-帳尻小話

Copyright© 帳尻&コツコツ発信 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.